改葬を行う手順と注意点

subpage1

改葬とは、お墓を別の場所に移し替えることを言います。

代々受け継がれてきた家のお墓は大切に守っていきたいものの、残された家族が遠方に住んでいる場合などはお墓の管理が難しくなります。そこでお墓の場所を移し替えるのが改葬です。
とはいえ、右から左へ移すことは出来ず、事前にしっかりと準備をする必要があります。

手順をしっかり確認しておきましょう。


まず、改葬先となる新しい墓地を契約し、受入証明書を受けとります。

様々なBIGLOBEニュースについて知りたいならこちらのサイトは便利です。

現在の墓地にもお墓を移すことを伝え、埋葬証明書を発行してもらいます。


現在のお墓の管理者には、お墓を移すことは出来るだけ早く伝えるようにしましょう。
そのあと、現在の墓がある市町村役場で改葬許可証をもらいます。

許可証は、現在の墓の管理者に署名捺印してもらった申請書を用意し、受入証明書、埋葬証明書と併せて役場に提出することでもらうことができます。

神奈川の自然葬の情報サイトへお越しください。

これが済んだら遺骨を移します。

現在のお墓にもらった許可証を提示した後、遺骨を取り出します。


この際、お経をあげてお墓から魂を抜く閉眼法要という儀式を行います。
その後新しい墓地に遺骨を移し、開眼法要を行います。これはお墓に魂を入れ、お墓を仏塔とするための儀式です。

全てが終了したら、古い墓地は更地に戻して返却します。



お墓を移すには様々な手順が必要で、日数もかかります。
日程には余裕を見て準備を始めることが大切です。

また、費用も必要となります。


新しい墓石を用意するための費用、お墓を空ける作業料の他、閉眼法要、開眼法要を行うためのお布施も必要になります。場合によっては事務手数料や離檀料なども必要になります。

身に付けよう

subpage2

改葬とはお墓の引っ越しの事です。生まれ育った土地で就職し、結婚、子育てをして、やがて自分も先祖と同じお墓に入るのが当たり前だった昔は改葬はめったにない事でしたが、全国に転勤があり、進学、就職も土地に縛られず自由に決める現代で、遠方のお墓を守り続けるのは簡単ではありません。...

next

これからの葬式

subpage3

改葬とは、お墓に埋葬されているお骨を別のお墓に移して供養する事を言います。簡単に言えばお墓のお引越しです。...

next

大事な葬式の事

subpage4

多様化している葬送方法として自然葬が行われるようになっていますが、自然葬の一つとして海洋葬があります。火葬された遺骨を墓地や霊園以外の場所に散骨する方法のうち海に行うものを指します。...

next

皆が知りたい情報

subpage5

以前「千の風になって」という歌がヒットしましたが死んだあとは自然の大きな循環の中に帰り遺族を見守っているという日本人が本来持っていた自然との一体感を感じさせる歌に共感を覚えたかたも多かったことでしょう。戦後生活様式が変化し先祖代々の墓を大切に守るという意識が変わってきました。...

next